FC2ブログ

ROSE FIELD の足音

バラ栽培(イングリッシュローズ・フレンチローズ)やガーデニングについてのブログ(バラ栽培日記)です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

blogram投票ボタン
 ✻✻✻ いつも応援していただきありがとうございます ✻✻✻

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つるバラ よくわかる栽培12ヶ月

つるバラ (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)つるバラ (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
(2000/11)
村田 晴夫

商品詳細を見る


 ナエマを植え付けするときに参考にと思い購入しました。

 NHK趣味の園芸にも出演されている村田先生の本です。アンジェラの表紙がかわいらしいですね。

 コンパクトサイズの本で、つるバラを育てる上で月ごとに必要な作業が紹介されています。

 村田先生の本を読んで考えさせられるのが、「つるバラは花の咲く風情と枝の性質が品種選定の基準だ」という言葉です。庭は1件、1件違うので、その庭の形に最も適した、最も良い風景を作れるバラを植えなさいということだと思うのですが、これが難しいです。というか初心者には、どのバラがどんな大きさになるのか、枝振りなのかが全くわかりません。カタログの数値は当てにならないですしね・・・。

 どうしても、バラの花だけ見て一番気に入ったものや、四季咲き性や、花付きを重視してバラを植えてしまいます。気がついたら思ったより大きくなってしまったり、枝が伸びてしまったりして、家と調和が取れずにゲッとなってしまうのでしょうね。

 無理な剪定や誘引をせずに、バラを伸び伸びと成長させてあげても、自分の家と調和して素晴らしい風景を作れるつるバラ。そんな我が家だけのつるバラに早く出会いたいものです。

 ところで、村田先生の村田バラ園は横浜にあるのですね。こんな近くにあるとは思いませんでした。暖かくなったら、一度バラ苗を見に行きたいと思います。
スポンサーサイト

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

blogram投票ボタン
 ✻✻✻ いつも応援していただきありがとうございます ✻✻✻

| 名称未設定_33 | 20:43 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

そうですね。。。
初心者にとって、バラは植えて育ててみないと分からない部分が有りますよね。
私も今思えば失敗だったと思うところ沢山有ります。
自分の庭や家に調和したバラと私も巡り合いたいです。

村田先生のバラ園横浜に有るんですか? 是非行ってみたいです♪

| あおい | 2010/02/14 00:07 | URL | ≫ EDIT

No title

あおいさま>

村田バラ園は青葉区奈良町にあります。こどもの国の近くみたいです。

右下に村田バラ園へのリンクもありますよv-218

村田バラ園のHPのつるバラの庭は一読の価値アリです!

| ルーズパパ | 2010/02/14 08:42 | URL |

No title

こんにちわ
初めまして・・・

そうですね~~
私も、はじめはバラの花だけ見ていました、、、
今は、「風景」を考えるってことに、重きを置くようにしています。
村田バラ園どうぞ~~いらしゃってください~~~
色々相談に乗ってくれます。

入口の横の車の所の誘引は、バラ教室で私たちが誘引しました。


| バッキー | 2010/02/14 11:11 | URL |

No title

バッキーさま>

初めまして!
私は、まだバラを育て始めたばかりなので、まだ花重視の段階ですね。

早く風景を考える段階まで進歩したいところですが、まだまだ数年かかりそうです。

村田バラ園ではバラ教室もしているんですね。誘引も見てきたいと思います。

| ルーズパパ | 2010/02/14 18:14 | URL |

No title

村田バラ園さんのHP。。。
勉強になりました。
ありがとうございました。
度々の素敵な情報に感謝!!です。
お気に入りに入れちゃいました^^
今まで読んだどの本よりも、読み応えありました。
春にはガーデン訪問するつもりです♪

| あおい | 2010/02/15 00:03 | URL | ≫ EDIT

No title

あおいさま>

村田バラ園さんのつるバラの庭は読み応えがありますよねv-410

私もいろいろと参考にさせてもらっています!

| ルーズパパ | 2010/02/15 23:22 | URL |

つる薔薇

おそおそのコメントで失礼~♪

本当にバラカタログには、花のアップだけじゃなくて
全体像を見のせてほしいですよねぇ~♪

本物のつる薔薇(ランブラー)は、
日本家屋の住宅事情では難しいほど大きくなるので、
大き目のブッシュが「つる」として紹介されていることが多いですよね。

でも、彼らはやはり「つる」じゃない…と思い知らされます。
大きなブッシュをつるとしてあしらうときの育て方を 
だれか本に書いてくれないかなぁ~と思うメアリーです。

| メアリー | 2010/02/16 09:00 | URL | ≫ EDIT

Re:つる薔薇

メアリーさま>

洋風のレンガ造りの家などにランブラーローズが植えられて、
誘引されていると素敵ですよね~

我が家では2階まで覆ってしまうような、つるバラは植えられないので、
ナエマなどの半つるバラをラティスに誘引しています。

「つるじゃない…と思い知らされます」というのは、誘引、剪定が大変なんでしょうか?
ナエマは1年目ですが結構、茎が太くなっていて、紐を結ぶのを失敗したら、
棘付の茎で思いっきり叩かれそうで怖いくらいですよ(笑)。

| ルーズパパ | 2010/02/16 22:10 | URL |

再び…

ナエマもつるというより大きくなるブッシュですね♪
あちこちで見ますが、ずいぶん大きくなるので期待いっぱいですね!!

私は1つだけ、ランブラーを育てていますが、
ランブラーは枝が柔らかくて編の目のように本当に誘引が自由なんです。
でも、ブッシュは幹がどんどん太くなって、
誘引というより「幹を倒す」みたいになっちゃうんです。

あと、私が半つるを選んだのは四季咲き性に期待したから。
四季咲きのつる薔薇で気に行ったものが見つけられなかったの。
(ブログを始めてからは、こんな素敵なツルがあったか! 
 と思うことたびたびですが…)

大きくても、もともとブッシュに分類されるバラは、
夏にちゃんと剪定しないと秋の花は咲きにくい。
でも、つるとして仕立てているので大きく剪定できない…
のジレンマです。

ルーズパパ様のところは地植えですか? 
地植えで、シュートの数がたくさんならば、
長短長短で剪定しておくと ナエマの四季咲き性が
発揮されるとききました(松尾園芸さん談)。

私もそんな剪定してみたいな~(夢)

| メアリー | 2010/02/17 09:12 | URL | ≫ EDIT

Re:再び…

メアリーさま>

「幹を倒す」という感覚はわかります。ナエマもこんな太い茎を
水平にできるのかとこわごわ誘引でしたよ。

街中で大きくなったつる仕立てのバラを見ると、本当に太い茎が
横倒しになっているのがあります。数年後にはああなってしまうと
思うと少し怖いものがありますねv-356

ナエマは地植えにしているのですが、近くにルージュ・ピエールも
植えているので、あまり大きくはできないなと考えています。
ナエマは大きくなるそうですね。
夏場は結構、思い切って剪定しないといけないかもしれません。

| ルーズパパ | 2010/02/17 22:42 | URL |

No title

こんばんは
この本私も持っています!
最初に買った…薔薇のファーストブックですね。
今でも取り出しては読んで、参考にさせてもらっています。

村田バラ園、行ったことありますよ~
今うちで咲いてるつる薔薇は、村田さんでオススメしていただいて買ったものです。

| mamemo | 2010/02/19 02:31 | URL |

No title

mamemoさま>

mamemoさんのつるバラ見せていただきました。
フランソワ・ジュランビル、とても綺麗です。
ランブラーのやわらかな樹形が綺麗ですね。

それにしても、1年間に7~8mも成長するんですね。びっくりしました。

| ルーズパパ | 2010/02/20 09:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rosegarden100.blog63.fc2.com/tb.php/72-9ff019c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。